素行調査と浮気調査の結果が出るまでは我慢

浮気の証拠を掴むなら「問い詰めないこと」

夫や妻が浮気しているかもと感じた時、つい感情が出てしまって問い詰めてしまうことが殆どではないかと思います。
感情としては当たり前の行動かもしれません。
ですが確実な証拠を掴むため、素行調査や浮気調査を依頼したいと思っているならば、ここはグッと我慢しなければいけません。

素行調査や浮気調査で証拠を掴むために最も重要なのが
「タイミング」なのです。
タイミングを逃してしまえば、いくら調査したくても証拠を掴むことが難しく、
有利な情報を得ることなく離婚という可能性もあるのです。

ではどういったことでタイミングを逃してしまうのかというと、
「問い詰めること」です。

浮気をしている証拠があり、離婚になった場合
当然、慰謝料などを請求され不利な状態になります。
ですが感情をむき出しにして問い詰めてしまうことによって、その不利な立場から一転、
証拠を隠されてしまい、結果何の証拠もないまま、何の請求もできず相手の思うツボになり
悔しい思いをしてしまうことてでしょう。
そうならないためには、とにかく冷静になり
平然を装わなければなりません。

人間は悪い事や後ろめたいことをして、それを問い詰められた時、すべての証拠を必死で隠そうとするものです。
一度疑われているのですから当然警戒して
しばらく浮気相手とも会わなくなることでしょう。
そうなってしまえば
いくらプロに調査を依頼したとしても、いい証拠を掴むことは困難になるのです。
「パートナーが浮気しているかもしれない」
ショックなことですが、暫し感情を抑えて早急に依頼するのがいいでしょう。
決して自分で証拠を掴もうと動き回らないことです。
とても重要な浮気調査のタイミングを逃してはいけません。